株式会社札幌工業検査からのメッセージ

当社では、今後とも広汎な分野に於いて皆様のご要望にお応えするために「新技術の確立」「信頼」「安全」をモットーに当社技術員の総力を結集し、今日まで培ってきた技術を生かし一段と高度な検査システムの確立を目指し日々研鑚を進めてまいります。
是非、業績の発展に当社の優秀な技術の活用をお薦めいたします。

サービスの特徴

非破壊検査のご案内

世界的に、省資源化時代を迎え量より質を重視する姿勢が強くなり、安全に対する認識も一段と高く、特に品質保証に関しては今まで以上厳しい目が向けられております。
今後、原子力、プラント、石油備蓄、各種装置産業などますます維持、管理が高度化する諸産業の発展と品質保証のため、より一層信頼のある検査、試験が要求されております。

当社では、今後とも広汎な分野に於いて皆様のご要望にお応えするために「新技術の確立」「信頼」「安全」をモットーに当社技術員の総力を結集し、今日まで培ってきた技術を生かし一段と高度な検査システムの確立を目指し日々研鑚を進めてまいります。
是非、業績の発展に当社の優秀な技術の活用をお薦めいたします。

各種構造物

建築鉄骨、石油科学プラント反応塔、鉄塔、海洋構造物等、複雑に設計、施工された各種構造物には高い性能、品質が要求されており各部材にもそれぞれ厳しい検査基準が設けられております。
より安全に、より高度に発達してゆくこれから構造物に対して的確な試験、検査を実施しております。

塔・槽機器

石油、ガス関係のプラント及び貯槽施設の災害は、環境、地域に及ぼす影響は極めて大きく、発生すると莫大な損失を招きます。
これらに対しては法律で厳しい規制が設けられております。
材料を含め制作時から生産管理、品質管理が徹底されております。
これらの検査にあたっては、豊かな経験と培った知識を駆使し、より一層品質と安全を高めるために日々努力をしています。

船舶・橋梁

大型タンカー、特殊橋梁等には、数々の新工法、新技術が導入されています。特に最新の設計に対して、構造物には未知の部分が多く実際的な試験データが計算理論の裏付けとして必要となります。これらの要求に対して、各方法からの試験、検査を実施しております。

圧力容器

高温、高圧を受ける圧力容器には厳しい性能が要求されています。スチーム、ガス、空気、油、各種薬品等の下で使用されるこれらの機器類は、最適な操業を保証するため各種の試験が施され、又特殊材料も使用されます。
 よってより新しい検査方法の確立と緻密な計測データの採取に心がけています。

事例

会社案内

社名

株式会社札幌工業検査

創立

昭和49年10月1日(平成23年4月1日分社)

所在地

<本社>
非破壊本社
〒003-0872
札幌市白石区米里2条2丁目3-21
TEL011-879-6366
FAX011-875-6233

-----------------------------------

函館営業所
〒040-0051
函館市弁天町4番7号
TEL0138-26-6387
FAX0138-26-6904

許可等

(社)日本溶接協会認定 非破壊検査事業者(CIW) C種
第41C-99号(放射線検査、超音波探傷検査)
(財)全国危険物安全協会認定

会社の目的

1・鉄、非鉄金属、コンクリート及び各種構造物の破壊及び非破壊検査
2・石油、ガス貯蔵タンク、地下重油タンク等の保守検査
3・非破壊検査機器及びその材料の販売
4・土木計測及び土質調査
5・一般労働者派遣事業に関する業務
6・設計・工事管理業(工事請負契約事務、工事の指導監督、手続き代理等の業務及びコンサルタント業務を含む)を除く前各号に付帯する業務

技術顧問

北海道工業大学名誉教授 橋本健一

社員数

従業員 41名