日本インスペックス株式会社

日本インスペックス株式会社からのメッセージ

近年、設備や製品の安全性がより厳しく求められる中、当社では化学プラントの保守点検や大型構造物の検査をはじめ、小さなボルト1本に至るまで、幅広い領域において安全性の維持に貢献しています。
ここではそれらの技術の一部をご紹介します。

浸透探傷試験 (PT)

サービスの特徴

浸透探傷試験 (PT)

面に開口した空洞(割れやブローホールなど)を検出できます。
溶接部の欠陥だけでなく、精密機械加工品など大小多種多様な製品、材料に対して幅広く応用しています。

磁粉探傷試験 (MT)

試験体を磁化すると、キズのあるところに磁粉による指示模様が現れます。表面近傍のキズ(割れなど)の検出に威力を発揮します。磁化できるほとんどの材料に適用できます。

超音波探傷試験 (UT)

人の耳に聞こえない又は識別できない短い波長の音波を超音波といいます。
この超音波は物質中を直進する性質があり、これを利用して個体内部のきずや裏面のきずが見つけられます。
建築鉄骨、橋梁、容器、船舶などの製造時検査に広範囲で利用されています。保守検査においても裏面の検査ができるので広く利用されています。個体の厚さ測定には最も有効です。

放射線透過試験 (RT)

医療用の胸部写真と同様に、放射線の物質を浸透する性質を利用してX(エック))線またはy(ガンマ)線をフィルムに感光させます。
非破壊検査では鋳物や溶接部内部などの空洞(巣、気孔)や介在物の有無を調べるのに利用します。

ひずみ測定(SM)

荷重負荷時のひずみの大きさを測定することで応力状態、荷重状態を把握し、破壊することなく構造物の安全性を評価することができます。
他に変位、振動などの物理量を測定するのにも使われますが、当社では主に圧力容器の設計許容力の評価に関して多くの実績があります。

漏れ試験 (LT)

当社では真空法による発泡漏れ実験を実施しています。検査箇所に負圧を加えると、貫通穴のある箇所で発泡液が泡立ちます。タンクの開放検査などでよく使われます。

コンクリート内部調査

コンクリート建造物を長く保持するためには修繕や改築、保守が不可欠です。
これらを推進するための建物の診断も的確でスピーディーな技術が求められています。
当社ではコンクリート内部の鉄筋や電線管などの埋設物や空洞の位置・深さをRCレーダーやX(エックス)線により探査、解析します。

渦流探傷試験 (ET)

金属に作用する磁束が変化すると金属内部には導電流(渦電流)が誘起されます。その電流の変化を利用してきずを検出します。非破壊検査では比較的単純な形状の管などの表面近傍の探傷に利用されます。

ミクロ組織試験

割れ等の劣化箇所のレプリカを採取して顕微鏡で観察します。PTやMTと併せて材料劣化の原因と経緯を推定することができます。試料採取の困難な構造物の劣化調査に有効です。

会社案内

会社名

日本インスペックス株式会社

代表取締役

谷川 照夫

設立

1968年11月27日

本社

〒531-0072 大阪市北区豊崎4丁目12番17号
TEL:06-6375-2211 FAX:06-6375-2210

非破壊試験所
(本店所在地)

〒534-0002 大阪市都島区大東町2丁目4番19号
TEL:06-6924-3111 FAX:06-6924-3110

資本金

2,000万円

取引銀行

三菱東京UFJ銀行 天満支店
三井住友銀行    赤川町支店
北おおさか信用金庫 赤川町支店

許可

文部科学省「放射性同位元素使用許可」
使第1600号(1970年4月30日)

認定

日本検査キューエイ株式会社 ISO9001認定

社団法人日本溶接協会CIW(C種) 認定事業者