株式会社サムズからのメッセージ

株式会社サムズは、埋設物探査やコンクリート内部の鉄筋探査・水道管漏水調査を専門におこなう非破壊検査会社です。
埋設物の状況を正確に掴み、鉄筋コンクリートの穴あけ・アンカー施工もいたします。
内部探査から耐震補修工事まで一貫してサポートいたします。

サービスの特徴

非破壊検査とは

私たちが行う非破壊検査とは「非破壊」つまりコンクリートを破壊せずに特殊な機器を使いコンクリートの外側から内部を探査することです。
インターネットの光ケーブルの新設工事、またはガス管の改修工事、エアコンの設置や間取り変更などの多岐にわたるリフォーム工事の際に建物内部の見えない鉄筋、電気配線、埋設管などがどこに埋設されているかを調査し、安全な削孔場所を的確に見つけ出します。
非破壊検査を行うことで電気配線やガス管の切断事故を防ぎ、建物の強度も維持できます。
非破壊検査方法には主にX線探査と電磁波レーダー探査があります。

X線探査(レントゲン検査)

X線探査(レントゲン検査)は、探査精度が高くコンクリート内部探査にはもっともおすすめです。健康診断などでお馴染みのレントゲン検査と同様なので、身近に感じられると思います。
探査方法はコンクリートにX線を照射し、対象物を透過して250mm x 300mmのフィルムに記録します。その場で現像し、鉄筋や電気配線など対象物の有無、および最適な施工場所を確認できます。

しかしこのX線探査はどの工事現場でもできるわけではありません。探査周辺が無人であること、また探査の性質上壁の裏側に入ることができ厚みが約300mmまでのコンクリートという条件になります。

X線探査(レントゲン検査)と電磁波レーダー探査のそれぞれの特徴をまとめると次のようになります。

X線探査(レントゲン検査)

●探査精度が高い

●電磁波レーダー探査に比べ割高

●探査できる場所が限定される

  人が立ち入らないこと

  コンクリートの反対側にスペースが確保できること

  コンクリートの厚みが一定まで

電磁波レーダー探査

●X線探査に比べ安い

●広範囲を調査できる

●どこでも探査できるためX線探査ができない現場にも対応できる

水道管漏水調査

●建物内部や地中の水道管を非破壊で漏水調査

●コンクリート面も可

●高性能機器により確実で迅速な漏水箇所の特定が可能

●塩ビ管・鋼管など管種をとわず微少の漏水箇所も発見可能

現場では熟練した作業員が安全を第一に迅速で、正確な検探査を行いお客様がお求めになる作業のお役に立っております。 私たちは非破壊検査が初めての方、あまり詳しくはない方にもわかりやすく丁寧にご説明いたしますので何かご質問があればどうぞお気軽にご相談ください。

会社案内

会社名

株式会社サムズ

代表取締役

小松崎 正紀

本社所在地

〒342-0041 埼玉県吉川市保732-11

電話

048-983-6702

FAX

048-610-8326

URL

http://www.sam-s.biz/

Eメール

info(アットマーク)sam-s.biz